読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.5帖/2LDK

夫視点で綴る夫婦のこと。【妻黙認ブログ】

MENU

SmartNewsに載って「スマニュー砲」を体験した時の影響

こんばんは、木にナッツです。
先日、急に普段よりも多くのアクセスが集まった日がありました。
Twitterの方では軽く言ったのですが、調べてみたところ、どうやらこのブログの記事がSmartNewsに掲載された様でした!
 
そもそも私は、このSmartNewsなるものをよく分かっていませんでした…
勿論、何となく名前は聞いたことがありましたが、実際にインストールして利用しているとかでは無かったので、検索して調べてみると
 
2000万人以上が使うSmartNewsスマートニュース)は、電波が無くてもニュースが読める無料アプリ、略して「スマニュー」です。
 
とのことでした。
 
世の中には自分の知らない便利なものが沢山あるんですね!w
ということで、良い機会だったので関連情報を色々調べた結果や、実際そこに掲載されてどういった影響があったのかをまとめてみました。
 
 

SmartNewsに載るとどうなる?

実際にどれくらい影響力のあるものなのでしょうか?
巷では、SmartNewsに掲載されることが「スマニュー砲」と呼ばれたりもしている様ですが、どうもその威力にはバラつきがあるみたいですね。
「100アクセスにも満たなかった」という声もあれば、10000pvくらいあった」という記述も見られました。
 
 

実際載った結果はどうだった?

さて、では実際にこのブログで書いた記事が掲載された時がどうだったかを振り返ってみましょう。
ちなみに、掲載されたのはこちらの記事でした。

12月8日の20時に更新したところ、その日のうちに既にSmartNewsからの流入が見られました。
その時点では見知らぬところからのアクセスに「?」な状態でしたが、8日から9日に日付が変わる時点でのSmartNewsからのアクセスは30~40くらいだったと思います。
いずれにしても、この時はそんなにこの事を気にはしていなかったのですが……

次の日の朝
「そう言えばどうなったかなー」と思って解析を見てみると、9日の朝の時点で500を越えるくらいのヒット数に!

普段では見られない数値だったので、ここで初めてSmartNewsについて調べましたねw
その後も時間毎にこの数値は増え続けていき、最終的に9日終わりには1300アクセスまで上昇を見せました。

 
 

その後はどう変わった?

よく「何かのきっかけで一度普段よりもアクセス数が増えると、それ以降もその数値は底上げされる」という話を耳にします。
 
しかし、今回に関しては、翌日にはすっかり普段通りの数値に落ち着きました。
まぁSmartNews等はサイトの特性上「一度見てすぐに戻って次へ」という見方をしている人がほとんどでしょうから、当然と言えば当然かもしれないですね。
 
 
 

どうすれば掲載される?

分かりません!w
 
こればっかりは本当にです……
一応調べてみたら、基準は決まったアルゴリズムでコンピューターが自動的に判断している」そうです。
 
その中で重視されるものの一つが「注目度」らしいんですが、これは例えばTwitter等のソーシャルメディア内での反応が影響しているそうです。
 
でも、これだと一層解らないですね。
と言うのも、8日の夜の段階でSmartNewsからのアクセスがありましたが、その段階だとはてブ「ソーシャルのシェア」1とか2とかでしたから……全く以て謎です。
 
よって、何か参考になる様なことも言えずに申し訳ありません。
 
再現性ゼロですw
 
 

まとめ

はい、と言うことで、初めて経験した「スマニュー砲」の威力は1300程でした。
10000pvを越える様な「スマニュー砲」は、恐らくその後に更にソーシャルメディア等で拡散された結果なんでしょうね。
 
色々なページを見ていたら、他の方でこの「スマニュー砲」を経験された感想の声としてそこからのアクセスが1000程度と意外と少なかった」という意見も見られましたが、私として1000強でも驚きの数字でした。
 
何せ、開設一ヶ月目である先月通してのpv数を一日で越えられてしまったわけですからねw
「スマニュー砲恐るべし」です!
 
ただ、そこから「次に誘導出来なかった」というのは反省すべき点でした。
突然予期せぬ多数の来訪者がいらした際の為にも、他のページへの導線を整えたり、次も訪れやすくなる様な工夫を凝らしたりすることが大切だと気付かされました。
 
まぁ一番は「もっと読みたくなる様な魅力的な内容」を仕上げておくべきだったのでしょうけどねw
 
広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定