5.5帖/2LDK

夫視点で綴る夫婦のこと。【妻黙認ブログ】

MENU

『ハリーポッターと闇に堕ちた二十九歳男性』【後編】

【前回のあらすじ】

ハリーポッターシリーズをほとんどちゃんと観たことが無いにも関わらず、職場で同僚相手に知ったかぶりをしてしまったことによりダークサイドに堕ちてしまった私。
更に、無情にも来週の金曜ロードショーで再び「ハリーポッターが放映され、その話題が持ち上がることが必至となった為、それまでにしっかりと対応出来る知識を身につけなければならなくなった……

 

※前回からお読み頂くと分かり易いかと思われます。

camellia-camellia.hatenablog.com

 

f:id:camellia_camellia:20161128230633j:plain

 

「帰ったら嫁に詳しく話を聞こう」
そう思って私は家路に着いた。

 

ここでまず、私のこれまでのハリーポッター遍歴を整理すると

  • 小説は全く読んだことが無い。
  • 映画は『アズガバンの囚人』を金曜ロードショーで観たことがある
  • どの作品かは定かでないが、生徒たちが先生にバレない様に隠し部屋で特訓するシーンがあるやつを金曜ロードショーで観たことがある。

 

驚きの金曜ロードショー率!w

 

加えて、これまで周りでハリーポッターのことを話している友人などから聞いたことがある情報から、主要キャラクターの名前や簡単な設定くらいは知っている。
とは言え、かなり長きに亘って続いてきた作品である為、様々な登場人物の背景や、話の繋がりを果たして捉え切ることが出来るだろうか……

 

しかし、帰りの電車内で苦し紛れにネットのハリーポッターあらすじを読んでいたところ、あることに気付く。

 

「孤児として不遇な少年期を送っていたハリーが、魔法学校に入学したことをきっかけに仲間たちと出会い、たくましく成長していく

 

アレ? これNARUTO -ナルト-っぽくない?
なるほど、NARUTO的なものだと思ったら急に親近感が湧いてきた。
既知のものであるNARUTOに照らし合わせていけば理解が早いかもしれない!

 

主人公を含む主要キャラは三人組で男性二人に女性一人。
 →NARUTOで説明出来る。

その後、結果的に主人公は別の女性と、残りの二人は互いに結ばれる。
 →NARUTOで説明出来る。

主人公にお助け動物キャラがいる。
 →NARUTOで説明出来る。

 

 

よしっ、いける!w

なるほど、ハリーポッターNARUTOだったのか!

 

だとすれば大体のストーリーは予想がつく。
恐らく、最終的にハリーは牝鹿と一体化して強大な力を得ることによって悪を打ち砕くのだろう!
私はいち早くこの発見の有用性を嫁に確かめたく、足早に家へと帰った。

 

家に着き、まずハリーポッターについて闇に堕ちたことを嫁に話すと、「バカじゃないの!?ww」的な反応を貰ったが、今となってはそれも些細なことである。
何故なら今の私にはNARUTO理論」があるからね!

 

すっかり上機嫌になっていた私は、駅から家までの歩き道で密かに練習していた、おちゃらけたドビーの物真似を嫁に披露する程だった。

 

「言っておくけど、ドビーは本気出したら凄い強いんだからねww

「えっ……?」

 

それは知らない事実であった。
私の中では、NARUTOで言ったらイルカ先生が連れていってくれるラーメン屋の親父くらいの位置付けだったのだが……

 

「どゆこと!?」

「例えば、普通はホグワーツ内では『姿くらまし』は出来ないけど、屋敷しもべ妖精は出来るから」

 

何か知らない単語がいっぱい出てきて戸惑ったが、何となく凄そうというのは伝わってきた。

 

「あとー、普通は魔法使う時は杖が必要なんだけど、屋敷しもべ妖精はそれも必要ない」

「素手でいけんの!?」

「いや、指パッチンでいける」

ロイ・マスタングじゃん!」

 

NARUTOを読んでいたと思ったら、いつの間にか『鋼の錬金術師』に移り変わっていた!
私の中で、ロイ・マスタング大佐がエンヴィーを消し炭にする情景が思い起こされる。

 

「いや、そんなに必死にすらやらないよ、ちょいちょいって感じ」

「!?」

 

ちょいちょいって……そんなラテンのリズムを刻むみたいなノリで魔法を使えてしまうというのか……

 

パナマ錬金術師じゃん!」

「どゆこと…?」

 

そんなわけで、私の中のハリーポッター知識」はまだまだ足りないということを思い知らされた。

 

ちなみに、嫁に私のNARUTO理論』について話したところ、「それは一部だけであって、他には当てはまらないでしょw」と軽くあしらわれてしまった。
NARUTO理論』が通用しないとなると、やはり直接作品を観たり地道に嫁に聞いていくしかないのかと悟った次第だった……

 

「ところで、ネットで見てたら何か本の方で『ハリーポッター』の新刊出たんでしょ?」

「あー、『呪いの子』ね!」

「あれはどんな感じの話なの?」

「あれは確かー、ハリーが大人になってー、その子供がメインの……」

「やっぱり『NARUTO』じゃん!w」

 

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定