読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.5帖/2LDK

夫視点で綴る夫婦のこと。【妻黙認ブログ】

MENU

うわっ……私の年休、多すぎ……? 一年間の休日数を数えてみました

お疲れ様です、木にナッツです。年の瀬ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?私は今日が仕事納めで、明日から年末休みに入ります!「今年も働いたなー」ということで、今日は2016年通して休みが何日あったのかを振り返ってみました。

遂にこのブログも独自ドメインに移行致しました

こんばんは、木にナッツです。気付けばこのブログを開設して早二ヶ月が経過しておりました。普段から読んでくださっている皆様、改めましてありがとうございます。さて、そんなタイミングだからというわけではないのですが、この『5.5帖/2LDK』を独自ドメイ…

色々なブログの「月別アーカイブ」を見ているとニヤニヤしてしまう

他の方のブログにリンクが貼られていたり、Twitterでシェアされていたりと、今まで知らなかった方のブログを目にする機会が多くて楽しく読んでいます。そんな中、皆さんのブログを読んでいて、個人的にすごく興味を引かれる箇所のひとつが「月別アーカイブ」…

オロナインH軟膏の「さわる知リ100」シリーズが興味深い

昨日何気なくテレビを観ていたら、あるCMに目を引かれました。「色々なものにさわってみよう」という内容で、トナカイの鼻や霜柱、臼と杵でついている途中のモチ等、様々なものに初めて触れてみる様子が描かれているもので、特に霜柱にさわってみる子供たち…

「ボンビー」でも「ガール」でもないけど風呂に入りたがらない女

我が家では、毎週火曜日の22時から日本テレビ系列の『幸せ!ボンビーガール』を見るのが通例になっている。特に昨日はスペシャル回だったので、21時からその番組を夫婦で見ていたのだが、そこで嫁が言った感想が印象的だった。

ブロガーは本当に『新しい文章力の教室』だけ読めばいいの?【感想】

こんばんは、木にナッツです。様々なところでその話題をよく目にする『新しい文章力の教室』という書籍。先日「購入した」とは話しましたが、やっと読み終えたので今回はそちらについて書いていきたいと思います。

有馬記念を前に競走馬の面白い名前・珍名を調べてみた【すぐ調べる課】

今年も残すところ二週間程となりましたね。様々なイベントが目白押しな季節ですが、個人的にこの時期に注目するイベントが「有馬記念」です。テレビや電車、駅構内等でも宣伝を多く見かける様になってきましたね。

どんな音楽プレーヤーを使っていたかによって世代が浮き彫りになる

少し前まで、ジェネレーションギャップというものは「自分が下の世代として上の世代の方が感じるもの」という認識がありました。しかし、最近は少しずつ「逆の立場」になってきているということを感じていまして……

「超プラシーボ効果」がプラスに働く側面とマイナスに働く側面

「おっ♪」 「いや、早いから!w」 我が家で頻繁に交わされる会話です。 これだけ見ると何のこっちゃと思われるでしょうけど、ちゃんと経緯があるので説明させて下さいw

「後でやろう」と思っていることを1つずつ片付けていく方法

以前に、「いつかやろう思っていることを実行する秘訣」という内容の文章を読んだことがあります。その方法というのが、特別難しいことではなくて非常にシンプルなものでしたので紹介します。

たった一つの真実を見抜けない見た目も頭脳も二十九歳の男

我が家は夫婦共働きである。普段の退勤後に家に着くのは嫁の方が早いので、夕飯を作りながら待っていてくれて、私が家に着けば「おかえり!」と迎えて貰える、大変ありがたいことである。しかし、昨日は普段とは様子が違っていた……

SmartNewsに載って「スマニュー砲」を体験した時の影響

こんばんは、木にナッツです。先日、急に普段よりも多くのアクセスが集まった日がありました。Twitterの方では軽く言ったのですが、調べてみたところ、どうやらこのブログの記事が『SmartNews』に掲載された様でした!

パンツを捨てるタイミングが分からないので情が移る

嫁は小さなことは気にしない性格である。 一緒に暮らしていても、些細なことで私が注意を受けるということは少ない。 そんな中、数少ない「注意を受ける」事のひとつが「古くなったパンツを捨てなさい」というものなのだが、私はこの基準がよく分からないの…

勢いに任せて「はてなブログPro」にしてみました

前回の記事の最後で「別に次回は通常回でもいいか」と言っていましたが、ごめんなさい、結果的にアレ嘘になりました。 と言うのも、今回は個人的にはお祭り回です。 何故なら……この度、はてなブログProに登録しちゃったもので!

はてなブログの「継続期間」に踊らされてはしゃぐ男

こんばんは、木にナッツです。唐突ですが、自分の中で最近気にしている数字があります。 それが、サイドバーに表示されているプロフィールの中の「継続期間」です。

「電子書籍」と「紙の本」を比較した場合のそれぞれ良いところ

先日の記事で、『新しい文章力の教室』を電子書籍で買ったという話をしました。おすすめされていた『新しい文章力の教室』を雑な値段で買いました この「電子書籍」が結構便利で、最近よく利用するのですが、調べてみると平成26年の総務省の調査で、日本全体…

吾十有五にして学に志す、二十九にしてTwitterを始める

はい、ということでタイトルの通り、今更ながらTwitterを始めました。正直右も左も分からないです。ちなみに、嫁に伝えたところ「今更!?」「遅くない!?」「10年遅くない!?ww」という心強いコメントを貰いましたw

おすすめされていた『新しい文章力の教室』を雑な値段で買いました

他の方のブログを拝読していると、よくおすすめされている本があって前々から気になっておりました。 それがこちら 『新しい文章力の教室』

人類が進歩していったら相撲界にどの様な影響をもたらすのか

夫婦というのは、単なる同居人という枠に収まりきる関係ではない。 時には支え合うパートナーであり、時には互いを戒めてくれる存在でもあり、そしてまた時には議論をぶつけ合う盟友の様な関係でもある。 少し前のことになるが、かく言う我が家でも真面目な…

中尾彬も家ではババコンガのモノマネとか披露しているのだろうか

人のテンションというのは常に一定ではない。意味もなくテンションが高い時もあれば、嫌な事があった等の理由が無くても普通に落ち着いている時もあって当然である。 一人でもそうなのだから、夫婦揃ってテンションの高さが同じ位であるという状況は稀なはず…

ブログ開設一ヶ月目の結果まとめ【2016年11月】

こんばんは、木にナッツです。さて、もう12月も始まって3日経ってしまい、完全にタイミング逃した感が否めませんが、11月のこのブログの結果をまとめていきたいと思います!運営報告などといった大それたものでも無いのですが、後々自分が見返すことの出来る…

魔法使いと秘密の部屋と薩摩武士

さて、今日は金曜日、お待ちかねの金曜ロードショーの日である。およそ一週間前、私はこの金曜ロードショーで『ハリーポッターと賢者の石』が放映されたことをきっかけに闇に堕ちたわけだが、今日はそのリベンジの為の日だ。 camellia-camellia.hatenablog.c…

「ぼーっと眺めている」だけで楽しい感覚を味わえる映像たち

先日の記事で、会社の同僚のT君という人が、ハリーポッターを見たことがないという話を書きましたが、その後また皆で話をしていたところ、彼は『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”や『ピコ太郎』の“PPAP”も観たことがないということが発覚し、またもや…

結局『前前前世』って何年前なの!?【すぐ調べる課】

映画『君の名は。』の劇場興行収入が11月27日に194億9000万円に達し、歴代邦画3位の『もののけ姫』(1997年公開、193億円)を抜いた、とのことですね。 headlines.yahoo.co.jp

初めて「はてなブックマーク」の新着エントリー入りした時の話

先日書いたこちらの記事が、初めて「はてなブックマーク」の新着エントリーに載りました! camellia-camellia.hatenablog.com ブックマークして下さった方々、ご覧になって下さった方々、ありがとうございます。

『ハリーポッターと闇に堕ちた二十九歳男性』【後編】

【前回のあらすじ】 「ハリーポッター」シリーズをほとんどちゃんと観たことが無いにも関わらず、職場で同僚相手に知ったかぶりをしてしまったことによりダークサイドに堕ちてしまった私。更に、無情にも来週の金曜ロードショーで再び「ハリーポッター」が放…

『ハリーポッターと闇に堕ちた二十九歳男性』【前編】

昨日は土曜日だったが、私は仕事があった為会社へ行った。仕事自体は普段と何ら変わらなかったが、昨日は一つ事件があった。

『孤独のグルメ』の五郎ちゃんに気に入って貰えるブログを目指す

ありがたいことに、ここ最近多くの方に読者登録をして頂いている。特に昨日今日などは急に読者数が増え、その前日までの2倍くらいになったのだが、要因が分からないので「何故に!?」という戸惑いを隠せない。

ヴォルデモート卿の座するパン屋に在籍するキャバクラ嬢との再会

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が評判らしい。会社でも、早速観に行った人がいて熱く語っていらっしゃった。

物事に「ハマっている」という状態の境界線はどこなのか?

しばらく前から、嫁は『ワンパンマン』にハマっている。アニメが放送されるようになってからだったと記憶しているので、かれこれ一年程前からになる。

「筆が乗った」結果、消すことの出来ないブックマークがひとつ増えた

「筆が乗る」という言葉がある。 作家や書家などが調子よく書くさま、すらすらと勢いよく筆を走らせる様子を表現する言い回し。 実用日本語用言辞典

「いい夫婦の日」~幸福は二倍に、困難は半分に~

今日は「いい夫婦の日」とのことである。このブログはまさしく「夫婦」に関することがテーマなので、何か良いことを書こうと思ったのだが、そこで最近このブログに嫁のことが書かれることが少ないことに気付いた。

はてなブログのスター機能の乱用で星ビッチと呼ばれようとも

このブログをはじめて約一ヶ月ほど経ちますが、ありがたいことに沢山の方々にお読み頂いております。まぁ他の皆さんに比べればまだまだちっぽけなものなのでしょうが、開設してしばらくの間は一日のアクセス数が0なんてのもざらだったので、それを考えれば…

『ポケットモンスターサン』をプレイする様になって気付かされたこと

人は、目に見えていても自分に関係が薄いことにはあまり意識が向かないものらしい。例えば、こんな話を聞いたことがある。

はてなブログの「見たまま編集」で今迄知らなかった便利機能5つ+1

システムが優れていても、使う人間に能力がなければ意味がない。昔観た『踊る大捜査線』の映画で真矢ミキさんがそんな台詞を言っていた記憶があるが、正しく今日それを痛感させられた。

『ポケモン』と『モンハン』に同時に告白されたらどちらと付き合うか

二日続けてゲームの話になってしまうが、昨日も言った通り、現在の私が発売日を心待ちにするソフトのひとつが『ポケモン』である。そして、もうひとつ同じくらい楽しみにするのが『モンハン』なのだ。

『ポケットモンスター サン・ムーン』の発売を明日に控えて悩む

いよいよ明日、ポケモンの最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売!初代の『赤・緑』が発売されたのが1996年、私は1987年の生まれなので9歳でこのゲームと出会い、以来20年付き合って頂いています。

スタンプのシリーズの中に必ず一つは使いどころ不明のやつがいる問題

昨日、友人に「おめでとう!」を言う機会があった。以前から夫婦ともに親交の深い友人が結婚式を挙げるという報告を受けてだったので、私も大変嬉しかった。

男と女のセルゲーム

男一人で生活していた時には知らなかったり習慣に無かったことが、嫁と暮らす様になってから変わったことというのがいくつかある。 女性からすれば当たり前のことも男から見ると新鮮だったり、逆に男にしてみれば当然のことも女性の目には全く違って映ったり…

芥川賞『コンビニ人間』を読んで屍人の視点を思い出した

先日放送された『アメトーーク!』の企画「読書芸人」で紹介されていて気になっていた今年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』(村田沙耶香・著)を読んでみたので感想を述べたいと思います。

非公式から黙認に変わったことで生じる言葉のミルフィーユ問題

トップページの説明文に書いてあった通り、このブログのことは妻には言ってなかったのだが、今日それを伝えた。別に何かの節目であったとかではなく、今までも「何となく言ってなかった」だけだったので、今日話したのも「何となく」だった。

脳は否定語を認識出来ないので三人組が通り過ぎる

「脳は否定語を理解出来ない」という言葉を聞いたことがある。 例えば、「タモリさんをイメージしないで下さい」と言われても、頭の中にはオールバックとサングラスが思い描かれてしまう、という話だ。

大切なものはいつも手放してからその価値に気付く

今日は土曜日、お休みの日である。仕事は休みだったが、昨日嫁から頼み事をされていたので早めに体を起こした。頼み事と言っても大したことではない。「燃えるゴミを出しておいて」というだけだった。

努力と才能とアヒル

世の中に天才などいない。私の様な凡人が天才と思っている人も、「才能」などという簡単な言葉では片付けられない程の「努力」を積み重ねて来たからこそ、並々ならぬ成果を収めているのだろう。しかし、人はなかなかそれを認められないものなのかもしれない……

5年後の自分はカールおじさんに近づいているだろうか

さて、今回は、はてなブログからのお題キャンペーン第2弾です。 お題は『5年後の自分へ』

B′zの『恋心』が14年の時を越えて我が家で流行る

仲間内だけでの突発的な流行というものがある。 恐らく経験したことのある方も多い事象だと思うが、うちの夫婦間でも最近それがあった。きっかけは、何となく見ていたテレビの音楽番組にB′zが出ていたことだった。

聖書はネットカフェにある!?

以前こういった話を聞いたことがある。皆様は『カノン』という言葉をご存知だろうか。キリスト教において「聖書正典」を指し、転じて「人生の軸となる作品」を意味するそうである。

雑に腹筋を鍛える方法

それぞれの家庭において、その家族の中でだけ通じる言葉というものがあると思う。例えば、「雑」という言葉がある。 ざつ【雑】 [形動]大まかで、いいかげんなさま。ていねいでないさま。粗雑。粗末。「雑な仕事」「雑に扱う」 基本的に良い意味ではないが…

夫婦間での隠し事について

夫婦の間で隠し事はしない様にするべきか否か。 「相手のことを思っての嘘」というのもあるだろうが、私はよほどのことが無い限りはするべきではないと思っている。

「お兄さん」以上「おじさん」未満の関係を補うお菓子

プロフィールにも書いてある通り、私は「20代の男」である。「20代」とアバウトに書いたのは、ある種のプライドの様なもので、正確に言うなれば「29歳の男」だし、「来年の6月には30歳になる男」だ。さて、今日はそんな年齢と呼称の話。

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定